オールインワンゲルの情報サプリmain画像

化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を果たしてくれるオールインワンゲルの特徴や効果

最近話題の「オールインワンゲル」って何?

「よく雑誌とかドラッグストアでオールインワンゲルっていう商品を見かけるけど…」と思っている人も多いのではないでしょうか?

「洗顔後はこれ一つでOK!」という謳い文句が気になっていませんか?

では、オールインワンゲルとはいったいどんな化粧品なのでしょうか。

《もっと詳しく知りたい方は情報満載のオールインワンゲル大辞典がオススメ!》

オールインワンゲルとは、美容成分や美肌作りに欠かせない有効成分を多く配合したもので、一般的には化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を一つでこなすスキンケアアイテムのことを指します。

洗顔後に塗るだけで、化粧水からクリームまでのスキンケアステップを一気に済ませることが出来ます。

また、「オールインワンジェル」と呼ばれているものもありますが、ゲルと比べるとさっぱりとした使い心地のもので、基本的にはオールインワンゲルと同じアイテムです。

通常、化粧水なら保湿、美容液なら美容成分の浸透、乳液とクリームは水分の蒸発を防いで蓋をする、という役割があります。

それぞれ役割を果たすためには、一つのアイテムをそれぞれ使わないと効果がありません。

しかしオールインワンゲルは、保湿成分から美容成分、水分の蒸発を防ぐ成分が配合されているため、たった一つで最低でも四つの役割を果たしてくれます。

また、独自の美容成分を配合した製品も多く、化粧水、美容液、乳液、クリームと使うよりも美容効果が高いものもあります。

これだけ聞くと、今まで化粧水から順番に使っていたのが馬鹿らしくなってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。

どんな化粧品にもメリット、デメリットがあるように、オールインワンゲルにもメリット、デメリットがあります。

次からそのメリット、デメリットをご紹介します。